***STAFF~スタッフ紹介~***

ReOPAを支えてくれているスタッフを紹介!

当会はボランティアグループで、スタッフも様々な生きづらさを抱えながらボランティアでこの活動に携わっています。

スタッフから皆さんへのメッセージを紹介します。

それぞれの生きづらさや活動に関わるようになったきっかけについてなど自由に書いてもらいました!

❀✿❀✿❀✿❀✿

ゆま


皆さん、初めまして。ReOPA代表のゆまです。2012年頃から自助グループを運営し、当事者活動をしています。

私は幼少期から大人の顔色ばかり窺う過敏な性質でした。自分がしたいことより周囲から求められることが優先。

弱音を吐いたり、助けを求めたりすることができませんでした。

学生の頃、周囲のプレッシャーや過剰適応気味な傾向から摂食障害になり、異常なほど体重が落ちてしまいました。

何とか社会に出たものの、2年経たないうちにメンタルを崩してしまいました。

明らかにうつ症状が出ていたものの、甘えだ、まだ頑張れると無理やり出勤していましたが、ある日、とうとう朝ベッドから起き上がれない状態になり、ようやく観念しました。

そこからは社会復帰しようとしては失敗しを繰り返し、絶望し、ひきこもり状態にも。

誰にも相談できず、こうなったのは自分のせいだとひたすら自分を責め続けました。

役立たずの私が生きている価値なんてあるんだろうか・・と息を吸うことすら罪悪感を感じる毎日。

周囲に迷惑をかけずに消えるにはどうしたらいいのかばかりを考えていました。

自己受容と自己開示が私にとっての大きなテーマでした。

弱い自分、苦しんでいる自分を認め受け入れること。そして、苦しい、辛いと自分の感じていることを表に出すこと。

これができるようになってきて、少しずつ進めるようになりました。

同じような悩みを持つ方とお話し、辛さを共有することはこのことの大きな助けになりました。

こういう場がもっと必要なのではないかと思い、自分でグループを立ち上げ、活動を続けています。

私も皆さんから大きな力をもらいながら、皆さんと共に歩んでいます。

安心して弱さを出せる場所、弱い自分でも自分らしくそのままでいられる場所。そんな場であるように。

皆さんと一緒にそんな場を作っていきたいです。

❀✿❀✿❀✿❀✿



❀✿❀✿❀✿❀✿

レバ刺し


スタッフのレバ刺しです。

私は19才の頃からうつ病に悩まされていました。

と言っても最初の発症時は「うつ病」であることも分かりませんでした。

3回目の発症時、初めて精神科の門をくぐり診断を受けて判明したのです。

今まで大小含めると5,6回程うつ病にかかっています。

プラス30代の時には、クモ膜下出血という非常に致死率が高い病気と後遺症による水頭症も発症してしまいました。ですので私の人生は病と挫折、諦めと受容との葛藤がほとんどです。

それなりに描いていた人生設計も貯蓄も全て失って、ゼロになってしまいました。

しかし、この「ゼロ」になった経験も、今から思うといい経験だったのかもしれません。

大げさですが、私は生きているのではなく、「生かされている」と思っています。

生きていれば色んなことがありますが、まずは命あることに感謝しています。

当たり前を当たり前と思わないようにしています。

生死を彷徨う経験は非常に苦しく、辛い道のりでした。

陳腐な例えですが、まるで悲劇のドラマの主人公になったような錯覚に陥りました。

しかし、病床に伏せている時から「もし退院して社会復帰できたら、同じような病気で苦しんでいる人を手助けしたい」と強く思っていました。

それまでの人生であまり深くボランティアや支援をしたことはなかったのですが、今は精神疾患の方の社会復帰を支援することを仕事にし、うつ病当事者会のReOPAのスタッフもやっています。

もしなんらかの困難を抱えてらっしゃる方がいらっしゃいましたら、お気軽にこころトークにご参加ください。

❀✿❀✿❀✿❀✿


❀✿❀✿❀✿❀✿

けんた


初めまして ニックネーム:けんたと申します。

性別:男  趣味:バッティングセンターへ行く事、一人カラオケ、ヨガ

病歴:双極性障害、頭痛、不眠、めまいなど。発達障害検査は、主治医から必要ないと止められました。

私の歩み

小さい頃から、一人遊びが好きでした。集団行動が嫌いで、学生時代はいじめられていました。

今までの仕事で、ライブのアルバイトが一番続いた仕事でした。その後社員になりましたが、上手く対応できず、情緒不安になり、モラハラ、パワハラを受け、最後はクビになりました。その後は、躁うつの日々でした。2013年10月、街を歩いていると、急に胸が苦しくなり、自分で、救急車を呼びました。

その後も色々あり入院しました。最初は、隔離部屋でした。

エピソードは、アカシジアになるなど、色々ありました。

退院後は、失敗ばかりでした。いい出会いがあり、2018年6月頃、就労活動を再開しました。8月職場実習が決まったのですが、母親の体調が悪く、救急搬送後ガンが発覚しました。実習は中止になりました。

10月に母が亡くなりました。とうじ感情はボロボロでした。

今、一人暮らしをしています。7月から障害者雇用で働いています。不眠、頭痛、軽そう時が悩みです。

以上が私の歩みです。

初めて参加して、ひとりじゃないと思えました。この活動場所を大切に、みなさんと共有したいと思っています。

よろしくお願いいたします。

❀✿❀✿❀✿❀✿



❀✿❀✿❀✿❀✿

ユキ


趣味:読書、バンド、旅行、手芸

特技:掃除、着物の着付け

好きな場所:国立科学博物館、コスモプラネタリウム渋谷、大さん橋、中央図書館、ポーラ美術館

行きたい場所:函館、モロッコ  好きなお花:チューリップ、ラベンダー


はじめまして!今年の春からスタッフになりました、ユキと申します。

病歴についてお話しします。

子どものころは大人の顔色を伺う”いい子ちゃん”で、HSC(ハイリー・センシティブ・チャイルド)だったのかなと思います。

10代後半で摂食障害になり、そして原因不明の気分の落ち込みや倦怠感に襲われるようになり、人と接することも怖くなりました。自分の性格のせいだと思い込み、誰からも必要とされていない、生きていても辛いことの方が多い、と思いながら大学時代を過ごしました。

社会人1年目のときに残業と人間関係のストレスで不眠、倦怠感、吐き気、突然涙が出る等の身体症状が現れ、初めて心療内科を受診し適応障害と診断されました。同時にAC(アダルトチルドレン)であるとも言われました。

休職し、投薬治療とカウンセリングを開始しました。薬で身体症状が徐々によくなったため、復職して仕事量を減らしてもらい再スタートしました。

それから1年が経ち今はカウンセリングのみ続けていて、体調は相変わらず不安定ですが以前に比べると少しずつ生きやすくなってきています。

ReOPAでは、同じような苦しみを抱える方々に寄り添い支え合っていけたらと思いながら活動しています。

❀✿❀✿❀✿❀✿


❀✿❀✿❀✿❀✿

コモ


性別:男   趣味:マンガ,読書,ゲーム,ジョギング(調子のいいとき),野球観戦(阪神ファン)

最近ハマっていること:ヨガ,マインドフルネス,特技:英語(少々)

兵庫県の高校,大阪府の大学院を卒業後,東京で就職し,病院回りの仕事をやっていました。しかし,入社3年目にストレスによるうつ病を発症し3カ月休職しました。復職後,同じ仕事を3年間続けましたが,パワハラからうつ病を再発し,2カ月再休職しました。

現在再復職後,配置転換を希望し事務職となり,医薬品の資料の作成に関する仕事をしていますが,事務職の間に適応障害を発症し,現在も治療中です。

上司と信頼できる同僚には,うつ病の既往と適応障害をオープンにし,業務を続けています。

また,カウンセラーにすすめられて最近受けた知能検査で,発達障害グレーゾーン(知能の発達の偏りが大きい)であることが分かりました。

適応障害を発症した時に,主治医から会社以外にもつながりをもった方がいいとすすめられ,色々な社会人サークルに参加しましたが,病気のせいかなじめませんでした。

しかし,偶然ReOPAのヨガイベントを見つけ参加し,ここなら病気をオープンにして安心して参加できると感じました。

その後,こころトークにも参加し,同じ境遇の方たちと話し合い安心感を得られ,会の運営に参加してみたいと思い,スタッフをやっています。

❀✿❀✿❀✿❀✿

スタッフも皆さんと一緒に歩みながら、お互い協力して活動しています。

お会いできたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします!